登場人物・係争案件等 Season 2

Season 2
Episode 1: The Real World
・38才のローラとジェイソン15才の交際の件でレネと法廷で対決
・大人になると死んでしまう少年の一部「無防備な全てをさらけ出す」という一面
・アリー、「少年じゃないとダメかも」→ 一生独りかも(そんな大人はいないから)
・最終弁論ジョン:恋愛に法を持ち込む不毛さ、生理的に正常な反応
・最終弁論レネ:男と女で扱いが異なるのはおかしい、16歳は16歳(性差別Sexism)
・ネル・ポーター登場、事務所の新メンバーに
・トレイシーの指摘:「永遠の恋が至高」だと誰が言い切れるのか(刹那の肯定)
Episode 2: They Eat Horses, Don't They?
・リンはラジオのDJハロルドをめちゃくちゃな理由で訴訟(言論の自由)
・馬肉料理を出して訴えられたフランス料理店を弁護(ジョン)
Episode 3: Fools Night Out
・黒人神父の別れの理由: 条件は理想通りでも情熱がない事に気付いたから(アリー)
・リンが妹の豊胸整形でモデルとなった看護婦を訴える(ジョージア)
・アリーがビリーと付き合っていた頃、すでにジョージアに出会っていた事実を知る
Episode 4: It's My Party
・エレインの友人でフェミニスト雑誌の編集長ジョージの不当解雇
・アリー、スカート丈で法廷侮辱罪に問われる(若い女性への偏見)
・カエルのステファン登場
・アリー、ホームパーティーを開く
Episode 5: Story of Love
・恋人を奪われ、傷害事件
・ステファン、流される。告別式。戻ってくる(昏睡状態)
・ジョージがアリーに告白、振られる。腰振りダンス
Episode 6: World's Without Love
・レネ、マットに再会する
・神父と関係を持ったため解雇された修道女を弁護
・ウイッパーがリチャードの部屋で裸で待機中に、リンと鉢合わせ
・懺悔室でアリーが告白
Episode 7: Happy Trails (Judge Happy Boyle has died)
・肌の色がオレンジで解雇された人の弁護(人種差別racial discrimination)
・裁判中にお気楽ボイル判事死去、葬儀
Episode 8: Just Looking レイ(レイモンド)登場
・近隣住民から泥レスリング営業停止の告訴、弁護人レイ(女性差別)
・アリー、トイレの便器にハマる
Episode 9: You Never Can Tell
・リン、いやらしい「想像」をした工場従業員を訴え、敗訴(指示評決)
・小男ウォーリー登場、デートで行ったボーリングでボールから指が外れない
・ジョン、下のバーでネルと初デート(見知らぬ割り込み者付き)。
Episode 10: Making Spirits Bright
・「ユニコーンを見た」で不当解雇
・レネとマットの情事
Episode 11: In Dreams
・高校の恩師ブリア先生が入院し夢の世界にいさせて欲しいと訴える
・グレッグと再会
Episode 12: Love Unlimited
・セックス依存症を理由に婚姻[9年間の]無効(離婚ではなく)の訴訟

Episode 13: Angels and Blimps
・エリックが神・教会を訴える、父親は雷に打たれて死去(神の所業)
・リンはコーネル大学で雑誌編集委員をしていた弁護士であることが判明
・不倫現場を目撃して、妻と間男に発砲した夫を弁護(ジョン・リチャード)
・アリーにとって、飛行船は空から見守る神のアバター
Episode 14: Pyramids on the Nile
・Cobb company 社内恋愛制限に基づく解雇→ 不当解雇を理由に訴訟
・フォーチューン500に入る弁護士事務所(7人)vs ジョン・ネルのタッグ
・リンが事務所の新メンバーになる
・ビリー、アリーに告白する、キスする。
・アリーの部屋でグレッグとビリーが鉢合わせ。
Episode 15: Sideshow
・ランチタイムに密会する。
・トレイシーのカウンセリング。アリーとビリーがセットで。
訴訟関係なし。カウンセリングにほとんどの時間を使う。
Episode 16: Sex, Lies and Politics
・上院議員が選挙で書店を誹謗中傷、書店が廃業に→ 名誉棄損(ジョン)勝訴120万$
・アリー、グレッグに告白。
・キスはもういいの、今は嘘、ジョージア。教会で神聖な気分に浸りたいの。
・教会で十戒、「汝、(他人の妻を)欲するなかれ。」
・牧師「汝、姦淫するなかれ。」は6つ目の戒め。行動していなら、不倫にならない。
・ジョージアに打ち明けるのは、自分の罪悪感から解放されたいだけの自身のエゴ
・ビリー、ジョージアに告白。
Episode 17: Civil War
・ハリーワーの息子デートレイプの件、ジョン/アリーvsリチャード/ジョージア 
・汗っかきジョージ・チズム、会計・税法の相談(ネル・リン)vs国税局
・トイレでアリー、ジョージア、ネル、リンで修羅場→アリー出血→病院
・グレッグに振られる(病院で注射)
Episode 18: Those Lips, That Hand (Nelle gives John a birthday present)
・妻が死去後、腕を切り落とした刑事事件
・頭髪が渦巻き上の男性、解雇の件 (年齢差別)
・バーでアリーとジョンの誕生パーティー、ネル・バリーホワイトのプレゼント 
Episode 19: Let's Dance フェミスト・カマロ登場
・女性は共同経営者に向かないという企業方針へ対して提訴された企業を弁護
・フェミニスト、カマロ 登場 (男女同権Feminism)
・ネルは子育てに興味がないと告白、仕事でパートナーを目指したいと
・ビリ-とジョージアがセラピー
・エレインのダンス大会にリンが加勢
Episode 20: Only the Lonely
・ビーチディ水着を着る日に抗議する女(ビリー・リン)性差別問題 
・フェイスブラのアイデア盗み取り訴訟(アリー・ジョージア)
・エレインのフェイスブラをリンのバックアップでTVで売り出す
Episode 21: The Green Monster
・ジョンは夫の浮気のし返しに高価なピアノと車を潰した妻の弁護(結婚問題)
Episode 22: Love's Illusions
・アリーとジョンは夫に詐欺罪で訴えられた、幻の恋人に手紙を書き続ける妻を弁護
・ジョン、法廷侮辱罪でin jail
・アリー、アルグリーンの幻覚を見る
・アリー、幼少期のトラウマ(親の夫婦喧嘩)の回想シーン
・カマロ証言台に立ち、アリーを援護 弁護人の対応は極めて現実的であると主張
・リチャードとリン初make love、免責と守秘義務の書類で萎える
・アリー、最終弁論で「理想の人は実在せず、それを空想で補うことは正当」と主張
Episode 23: I Know Him by Heart
・前回の訴訟で「理想の人は実在しない」ことを悟り、精神が崩壊状態となる
・アリー、アルグリーンの幻覚継続中
・リチャードがアリーの部屋を訪問(お見舞い)
・ジョン、9歳のとき、「自分の部屋」で「ノーヒットノーランを達成」した話をする(夢の肯定) 
・カマロがリチャードに訴訟の相談(人工授精の費用が保険適用外という件について)
・リンが大勢のイイ男を集めるがアリーは誰も選ばない
・Jhon: "And I ... I'm beginning to love you, too."
関連記事
タグリスト

検索フォーム
プラグインの設定
プロフィール

soi19

Author:soi19
ยินดีต้อนรับที่นี่!!
วันเกิด:วันศุกร์ (金) สีฟ้า

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
user tag : I ❤ fail.in.th

fail.in.th 動画 fishism jhon ให้ กวนมึนโฮ 神話 mcbealism 発音 ถนน 

プロフィール

soi19

Author:soi19
ยินดีต้อนรับที่นี่!!
วันเกิด:วันศุกร์ (金) สีฟ้า

RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR