王政・階級維持システムとしてのタイ仏教、そのキーワード

タイ仏教のバラモン色が強い理由
・大乗仏教から小乗(上座部)仏教への転換(アユタヤー王朝時から)
 大きな乗り物(大衆救済)から小さな乗り物(上座部・長老派、限定志向)へ
 修行の上に到達した者(仏陀):選民思想を流用、大衆を支配するのに都合がいい?
・バラモンのカースト制度の発想
 生まれついての身分を決めてしまえば国家が統治しやすい(支配者の不可侵性)
・輪廻転生思想とタンブン
 現世での不幸や苦悩は前世でのタンブン不足が原因であり、改善のための手段はなく、
 ただひたすらに来世を夢見て精進に励めと教え込む。→ 階級の維持に貢献
・反バラモン教(カースト制)から誕生(派生)した仏教という成り立ち
・バラモン教を原型とするヒンズー教の成立
・ヒンズー教の最高神の一人ヴィシュヌ 
・ヴィシュヌ10のアヴァターラ(化身)、化身という発想
・ヴィシュヌ10のアヴァターラのひとつ仏陀
・目的はバラモン信者の信仰の確かさを試すために神が異教の伝導者である仏陀に転生
・これを「神ヴィシュヌの化身=仏陀」「仏陀=国王」「神の化身=国王」と転用。
・王は天上界を支配する神が転身して仏陀として地上に姿を現したものであるとする
 これで仏教と対立関係にあるバラモン教からそのシステムのみを飲み込み
 絶対王制の正当性を確立(2宗教の関係を対立・異教ではなく派生・同族としての解釈)
 結果、バラモン教はタイ仏教に神秘性を与え、今ではすっかり同化 
 している(ようにも思えるがやはりどこかに無理がある。)
・古代インド・バラモン教の大叙事詩「ラーマーヤナ」
 コーサラ国(釈迦族が居住していた)のラーマ王子に関する伝説物語
 「ラーマ王子」はヴィシュヌ10の化身のひとつである
 そのタイ国版:ラーマキエン物語 รามเกียรดิ์ (ラーマの栄光)
 主人公はアユタヤ国のラーマ王子 (物語性による現実との補完、王権を高める効果
※タイ人で「ラーマキエン」を知らない人は一人もいません。
・在タイ華僑の仏教:大乗仏教

タイ仏教とバラモン教とのかかわり ジャアク商会
ヴィシュヌ พระวิษณุ
ウルスラグナ アヴァターラ
インド神話 ヒンドゥー教の歴史
上座部仏教の功罪 「己だけの完成と救済」เห็นแก่ตัว
関連記事
タグリスト

検索フォーム
プラグインの設定
プロフィール

soi19

Author:soi19
ยินดีต้อนรับที่นี่!!
วันเกิด:วันศุกร์ (金) สีฟ้า

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
user tag : I ❤ fail.in.th

fail.in.th 動画 fishism jhon ให้ กวนมึนโฮ 神話 mcbealism 発音 ถนน 

プロフィール

soi19

Author:soi19
ยินดีต้อนรับที่นี่!!
วันเกิด:วันศุกร์ (金) สีฟ้า

RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR