因果関係の解明手段

The present action is based on past experience.
今ある行動は、過去の経験に基づくものである。
If you want to know why you did it so,
なぜそうしたのかを知りたければ、
you should read your history in the past of yourself.
そのものの過去、歴史を紐解けばよい。
The accumulated history is the ground rule.
積み重ねられた歴史こそ、その行動原理である。

神話解釈の技法
主従関係の場合:主神は従神を従える。
例:「大日如来はヒンドゥー教世界を救うためにシヴァの改宗を求めるべく、
配下の降三世明王を派遣する」
化身の場合:主神が変容したで現れる。仮の姿(アバター)を使う行為。
例:「大日如来自らが降三世明王に変化して直接出向いたとも伝えられる」
取り込みの場合:別エリア、別時代の神を移入するパターン
例:アルテミス
ギリシアの先住民族の信仰を古代ギリシア人が取り入れたものと推測される。
※本来のヘレーネス(古代ギリシア人)固有の神ではないということ。
例:アプロディーテ
元来は、古代オリエントや小アジアの豊穣の植物神・植物を司る
精霊・地母神であったと考えられる。
古くは東方の豊穣・多産の女神アスタルテー、イシュタルなどと起源を同じくする
外来の女神で、『神統記』に記されているとおり、キュプロスを聖地とする。
近似性の場合:単純に似ているというだけ
例:女神アナーヒター(ゾロアスター教)とサラスヴァティー
女神アナーヒターですが、この女神は指摘しておいたように
インドの「サラスヴァティー(河の神)」に相当し日本では「弁財天」となって
崇拝された女神となります。
降格の場合:他の神話に転用される際、その主神の影響で、立ち位置が降格される
女神アナーヒターはイスラームの後には「神」とはされなくなってしまったわけですが
「ナーヒード」と名前を変えて「金星」として姿をとどめることになりました。

時代考証の信憑性
古代・原始宗教・神話には口伝のみの伝承も多い。
多神教(自然崇拝)→ 2元論→ 一神教 の流れがあるが、
古代ユダヤ教と他宗教との時系列的な問題等確証がない以上、
多神教・一神教どちらがどちらに影響を受けたか分からないとする意見もある。
ゾロアスター教は何神教ですか?
関連記事
タグリスト

検索フォーム
プラグインの設定
プロフィール

soi19

Author:soi19
ยินดีต้อนรับที่นี่!!
วันเกิด:วันศุกร์ (金) สีฟ้า

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
user tag : I ❤ fail.in.th

fail.in.th 動画 fishism jhon ให้ กวนมึนโฮ 神話 mcbealism 発音 ถนน 

プロフィール

soi19

Author:soi19
ยินดีต้อนรับที่นี่!!
วันเกิด:วันศุกร์ (金) สีฟ้า

RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR