NARUTO -ナルト- 日本の神々と「写輪眼」

イザナギ(伊邪那岐神・伊弉諾尊)
イザナミ(伊邪那美神)とともに日本の国を創成した男神。事実上の創造神とされる。
その名は男女が互いに求愛することを意味する。
カミノヨナナヨ(神世七代)の一人。
イザナミ(伊邪那美神・伊弉冉尊)別名 黄泉津大神、道敷大神
イザナギ(伊邪那岐神)とともに日本の国を創成した女神。事実上の創造神とされる。
その名は男女が互いに求愛することを意味する。
カミノヨナナヨ(神世七代)の一人。

天岩戸(あまのいわと)
太陽神である天照大神が隠れ、世界が真っ暗になってしまった岩戸隠れの伝説の舞台である。
これは天上界:高天原(たかあまはら)での話。
葦原中国(あしはらのなかつくに):地上の人間が住む世界、すなわち日本の国土。
根の国・黄泉(ねのくに・よみ):地中にあるとされる
解釈
天照大神が天岩戸に隠れて世の中が闇になるという話は、日食を表したものだという解釈と、
冬至を過ぎて太陽が弱まった力を取り戻すということを象徴したものとする見方がある。
日食神話、冬至神話とも世界各地にみられる(死と再生の神)。
天の岩戸隠れの神話はギリシア神話におけるデメテル女神の神話とよく似ている
といわれている。デメテルの場合、娘であるペルセポネを隠されたため、嘆き、
世の中が真っ暗になってしまうことから来ている。

ミハシラノウズノミコ(三貴子、三貴神)
イザナギ(伊邪那岐神)が黄泉の国の穢れ(けがれ)を祓うために行った禊(みそぎ)の中で
最後に産まれた3人の神。アマテラス、ツクヨミ、スサノオのこと

アマテラス(天照大神、天照大御神) 
日本神話の最高神。太陽の神

ツクヨミ(月読命、月夜見尊、月読神)   
日本神話の月の神
暦の歴史を見ると、月の満ち欠けや運行が暦の基準として用いられており、
世界的に太陰暦が太陽暦に先行して発生したのである。「一月二月」という日の数え方
にもその名残があるように、月と暦は非常に関係が深いつまり、ツクヨミは
日月を数えることから、時の測定者、暦や時を支配する神格であろうと解釈されている。

スサノオ(須佐之男命、素戔嗚尊) 
日本神話の荒れすさぶ神。  
イザナギ(伊邪那岐神)からの「海を治めよ」という命令に背き高天原を追放される。
素戔嗚尊の乱暴はそのすべてが農耕に関連するものであり、
暴風雨の災害を表したものだともされる。「大祓詞」ではこのスサノヲの行いを総称
して「天つ罪」としている。

こと‐あまつかみ【別天津神】
古事記で、天地開闢(かいびゃく)の初めに現れたとされる神。
天つ神の中で別格とされる。
天之御中主神(あまのみなかぬしのかみ)
高御産巣日神(たかみむすひのかみ)
神産巣日神(かみむすひのかみ)
宇摩志阿斯訶備比古遅神(うましあしかびひこじのかみ)
天之常立神(あまのとこたちのかみ)
五神


血継限界
写輪眼(しゃりんがん
【うちは一族、はたけカカシ、志村ダンゾウ】
うちは一族の一部の家系に伝わる特異体質であり、うちは一族の血継限界である。
血継限界を除く「体術・幻術・忍術」の仕組みを看破でき、
また視認することによりその技をコピーし、自分の技として使うことができる。
また、動体視力もずば抜けて高く、高速で動く物体にも対応することができる。
さらに、チャクラを流れや形として視認することができ、性質を色で見分けることも可能で、
更には影分身と本体を識別する。写輪眼使用時は、瞳に勾玉文様が浮かび、
目は赤く光って見える。瞳の文様は開眼時は1つ,または2つ(サスケは
うちは一族惨殺事件の時に開眼した時は1つだった)であるが、
使用者がある程度成長すると最終的には3つに変化し、この状態で写輪眼は完全なものとなる。
開眼初期の能力は、ずば抜けて高い動体視力(洞察眼)のみであるが、
術者が成長するにつれ、多くの能力を有するようになる。写輪眼の瞳力の力は
使用者によって様々で、瞳力が強い使用者ならば、絶対に見切ることが
不可能とされる「月読」さえも看破することができる。その他、
相手に幻術を見せる「幻術眼」、相手に催眠術をかける「催眠眼」など、
数多くの特殊な能力を持つといわれている。
写輪眼は本来うちは一族だけが使用できる特殊な能力であり、
うちは一族以外の者が写輪眼を使用すると、
副作用によって大量のスタミナとチャクラを消費してしまう。それ故、
カカシは写輪眼を酷使する度に入院を繰り返している。
写輪眼をもつ者が自身の目の前で大切な人の死を体験することで、
さらに上位の瞳術「万華鏡写輪眼」を開眼することができる。

イザナギ
【志村ダンゾウ、トビ】うちは一族の血継限界『写輪眼』の瞳術でも禁術
とされる究極の幻術。ダンゾウは右腕に移植した写輪眼によって発動する。
あくまで「幻」を見せる通常の幻術とは異なり、現実に影響を及ぼす。
他者ではなく自身にかけ、不利な事象を「夢」、有利な事象を「現実」に変える。
但し時間制限があり(個人差があるが、ダンゾウの場合はおおよそ一分であった)、
それを過ぎると術を放った写輪眼は光を失い、二度と開かず失明する。
雨隠れでの戦いでトビが語ったところによれば、完全なイザナギを発動するには
写輪眼の他に千手一族の力が必須であり、それは、両一族の祖である
六道仙人が十尾から尾獣を作る際に使用した「陰陽遁」、
即ち精神エネルギーによって無から有を生む「陰遁」と身体エネルギーによって
形に命を与える「陽遁」による「万物創造」に似た原理である。
そして、イザナギはこれの応用形である。
イザナミ
【うちはイタチ】究極の幻術であるイザナギを止めるために作られた瞳術。
イザナギと同じく失明のリスクを背負う。瞳力で相手と自分の感覚を写真のように記憶し、
それと同じ感覚をもう一度再現して記憶し、その2つをつなげ
合わせる(平たく言えば、同じ行動を2回起こしてその2回を記憶、
そしてその2つの同じ行動を重ね合わせる)ことで、それまでの時の流れすらをも繋げ、
無限ループを作り出してしまう術。その無限ループに相手の精神を捉えることで、
相手の動きを封じる。元々はイザナギの使用者を戒めるため
(都合の良い結果の奪い合いを防ぐため)に作られた術で、
本来の己の結果から逃げずに向き合う(受け入れる)と決めた時、
自ずとこの術は解けるようになっている。イザナギを使うと、
選択肢AとBが発生し、そのどちらかを取り消してもう片方の有利な道を
選ぶことが出来るが、イザナミは有利な道を選んだ場合に術者を永久に
ループに嵌めてしまうが故、この術はイザナギへの対抗術とされている。

万華鏡写輪眼(まんげきょうしゃりんがん)
【うちはマダラ、うちはイズナ、うちはイタチ、はたけカカシ、うちはサスケ、うちはシスイ】
写輪眼の上位種。
うちは一族の長い歴史の中でも開眼しえた者はただの数人しか存在しない
伝説の瞳術とされる。「写輪眼」が変異した形であり、
発動の際は瞳の文様が変形する(形状は個人によって異なり、
イタチは三枚刃の手裏剣、カカシは二重の三枚刃の手裏剣、サスケは六芒星、
マダラは車のギアのような形、イズナは円形から三つの突起が伸びている)。
全ての面で写輪眼を凌駕する瞳力を誇り、この形でのみ使用が可能となる瞳術
も存在する(天照、月読、須佐能乎など)。また、
万華鏡写輪眼(以下万華鏡と略称する)は写輪眼とは違い目の文様も、
もたらされる力『瞳術』も特別な要因が無ければ開眼した個々で異なる。
開眼する瞳術の場合は左右の眼で同じ場合や異なる場合もある(うちはシスイの
万華鏡は左右で同じ瞳術『別天神』が宿っている)。その瞳力は、
最強の尾獣である「九尾」さえ制御するという。ただし、
強力な術の常として一回の発動に膨大なチャクラを必要とし、
また術によっては肉体に直接強い負担が掛かる場合もある。
開眼条件は「最も親しい友を殺すこと」であるとイタチの口から語られているが、
トビ曰く「最も親しい者の死(を経験すること)」と若干の差異があり
詳細は不明(カカシが何故開眼できたかは公表されていないがトビの説に準拠すれば
開眼資格は十分に存在する)。一度開眼するとその能力を使えば使うほど
失明へと向かっていくリスクを伴う。しかし万華鏡は一族の他者の万華鏡を
自分の目に取り込むことで、視力が低下しない「永遠の万華鏡写輪眼」へと
変化させることができる(文様にも変化が起こり両者の万華鏡が重なりあった形状となる)。
マダラは一度失明したが、弟イズナの両眼を移植することで回復した。
サスケもまた酷使により失明しかかり、イタチの両眼を移植することで回復している。
左右それぞれに異なる術を宿らせることで「須佐能乎」を発動させることが出来るため、
マダラもそれぞれに何らかの術を宿していると思われる。
天照(あまてらす)
【うちはイタチ、うちはサスケ】万華鏡の開眼者のみ使用可能
イタチは右の、サスケは左の万華鏡に宿った術。使用には大量のチャクラを
必要とするため使用回数は制限されるが、その効果は一般的な術の範疇ではない。
燃やしたい所を瞳力の宿る方の万華鏡で目視し、ピントが合うだけで
その視点から太陽の如き高温の黒い炎が発生する。
使用すると相手の火遁の術さえも燃やし、その黒い炎は対象物が
燃え尽きるまで消えない。仮に対象が逃げようとしても、
視界に入る限り逃れる事はできない
(逆に言えば、視界から逃れることさえ出来れば回避は可能)。
また、炎の量は眼の開き具合で決めることも可能であり、
イタチの天照では眼を閉じることで鎮火も可能だった。
術を使用した時のチャクラの量が多いほど(威力が高いほど)眼球への負担が
大きくなり、出血を伴う。発動条件の万華鏡写輪眼を開眼した者が
過去に数名しか存在しないことから、この術の存在を知る者は少ない。

月読(つくよみ)
【うちはイタチ】万華鏡の開眼者のみ使用可能。イタチの左目の万華鏡に宿った術。
瞳力の宿った目を見た相手に術者が時間や空間、質量などあらゆる物理的要因を支配する
自らの精神世界へと対象を引きずり込み、相手に無間地獄を体験させる幻術。
月読は一般的な幻術とは違い、相手の意識に直接干渉し「実際に体験していると錯覚させる」
術であり、なおかつ上記の通り時間さえも操れる為、術者は隙を作らずに対象に
効果を及ぼすことが可能。その上記の性質より常人でこの幻術を見抜くことは
皆無であり(そもそも術にかかっていることが察知できない)、
故にオフィシャルデータBOOK『闘の書』では最強の術と恐れられると
記載されたこともあった。幻術であるため相手に対しては物理的(肉体的)な殺傷力
はまったくないものの、与える精神的なダメージは計り知れない。
使用には大量のチャクラを必要とする。
なお、原作では
十字架に磔にされ、72時間も刀で刺され続ける拷問
うちは一族の人々が次々と殺害されていく様子
分身で体を拘束され、本体で眼球を抉られる激痛
魔笛・夢幻音鎖による縛りを解く様子
を体感させている。
限定月読(げんていつくよみ)
【トビ】無限月読の試作とされる術。適用するには対象者の望むものを
予め調べなければならない。
無限月読(むげんつくよみ)
【トビ】「六道仙人が封印したとされる十尾の人柱力となった時に発動する」とされる術。
十尾の人柱力としての膨大なチャクラを利用し、自らの瞳力を強大化させ、
月に己の眼を投影する大幻術。一度発動されると、地上の全ての人間に幻術が掛けられる。
トビは9体を融合させて十尾に戻し、自らの眼を月に宿らせることで発動させ、
地上の人間を無限月読の世界で支配することで争いを無くそうと企む。
このことから、月読の上位にある術であることが窺える。

須佐能乎(すさのお)
【うちはイタチ、うちはサスケ、うちはマダラ】万華鏡の開眼者のみ使用可能
イタチ曰く「【天照】と【月読】、2つの能力を開眼したときに、
瞳に宿った力」とされている。サスケの場合は【天照】と【炎遁・加具土命】
なので実際は左右別々で異なる瞳術を開眼させることが必須条件であるとされる。
万華鏡写輪眼は左右で別々の瞳術が開眼するとは言えず、
それ故に「【須佐能乎】まで開眼する眼は稀」とマダラは言っていた。
使用すると第一段階では人間の骸骨(主に胴体)のような像が浮かび上がり、
最終的に鬼のような顔をした巨人に変化し、その状態で初めて完全体
となる(また発現者によって骸の姿形が違う)。
巨人の前段階である第二段階は個人で違い、イタチは女神、
サスケは陣羽織を纏った武将の姿をしている。第四次忍界大戦でマダラが
使ったものは二面四腕の阿修羅のような姿をしており、波打つような剣と、
数珠状に連なる投擲武器の勾玉を持っている。骸骨の像はあらゆる忍術に対して
強大な防御力を誇る。体術に対してもある程度の防御力を誇るが無敵ではなく、
劇中では雷影の体術を受けて骸が砕けた他、メイの溶遁を受けて溶解していた。
他にも聴覚系の幻術(いわば音を使った)は防ぐことはできない。
チャクラを膨大に消費する術であり、なおかつ全身の細胞に負担がかかるという
リスクがあったために、かねてより病に体を蝕まれていたイタチはこの術を
使う事により力尽きて命を落とした。ただ、使用に伴うリスクは、
劇中の描写を見る限り「永遠の万華鏡写輪眼」を得ることでキャンセル出来るらしく、
イタチの眼を移植したサスケや、イズナの眼を持つマダラに関しては
使用のリスクを受けている様子はない。
十拳剣(とつかのつるぎ)
八坂ノ勾玉(やさかのまがたま)
八咫鏡(やたのかがみ)

別天神(ことあまつかみ)
【うちはシスイ、志村ダンゾウ、うちはイタチ】万華鏡の開眼者のみが使用可能
うちはシスイの両方の目に宿った瞳術[2]。ダンゾウはシスイの右眼を移植することで、
イタチは自らの口寄せ烏にシスイの左眼を移植することで使用。
瞳力の宿った目を見た対象者を、幻術に掛けられたと自覚することなく
操る正に最強の幻術。その幻術の強さは「口寄せ・穢土転生」で
蘇生された人物が「絶対に術者に逆らえない」という仕組みすら上書きし
無効化できるほどである。
ただし、一度発動させれば再発動まで十数年のサイクルが掛かる
為に(イタチ曰く「千手柱間のチャクラでもないかぎり」)多用はできない。
ダンゾウはその柱間の細胞を自らに取り込むことでそのサイクルを
大幅に短縮していたようである(ダンゾウの瞳術が別天神とは
別のものである可能性もある)。シスイの左目はダンゾウに奪われた上で潰され、
右目はイタチの口寄せ烏ごと「天照」で焼却されたため、この術は現在存在しない。
関連記事
タグリスト

検索フォーム
プラグインの設定
プロフィール

soi19

Author:soi19
ยินดีต้อนรับที่นี่!!
วันเกิด:วันศุกร์ (金) สีฟ้า

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
user tag : I ❤ fail.in.th

fail.in.th 動画 fishism jhon ให้ กวนมึนโฮ 神話 mcbealism 発音 ถนน 

プロフィール

soi19

Author:soi19
ยินดีต้อนรับที่นี่!!
วันเกิด:วันศุกร์ (金) สีฟ้า

RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR