イラン神話(いわゆるペルシア神話)とゾロアスター教

イラン地域の人々は昔から自称民族名も国家名も「イラン」(アーリア人の国の意)である。

イラン神話は成立年代によって以下の3つに大別されている。
1.古代アーリア人の神話。(原始宗教、自然崇拝、多神教)
2.ゾロアスター教神話。(2元論、からほぼ一神教へ)
3.イスラーム成立時代の文学、英雄物語など。(一神教へ)
ペルシャの神々とゾロアスター教 

古代アーリア人の神話は、太陽や天空を神々と捉え、火の崇拝などの儀式で他の
ギリシャ、ローマ、北欧へ行ったグループと共通する宗教を持っていたと考えられている。
特に『リグ・ヴェーダ』に残された古インド神話とは共通点が多い。

ゾロアスターというのはキリストやマホメットなどと同じく「預言者の名前」
ペルシアのササン朝のときに国教となり全盛期を迎える。
経典:アベスタ
2元論の元祖(世界は光と闇でセットであって戦っているという、善と悪の2元論)
イスラム教の興起で滅亡。現在はパーシー教としてボンベイの北方に
数万単位で信者が残存しているらしい。
このゾロアスター教が、ユダヤ教、キリスト教、大乗仏教、さらにはグノーシスの起源。

最高神:アフラ・マズダ
その名は「智恵ある神」を意味し、善と悪とを峻別する正義と法の神。
イランとインドが対立するようになった頃、イラン=ゾロアスターの最高神アフラは、
インド=ヒンドゥーの中で邪神アスラにまで貶められることとなってしまった。
その流れの中、アスラは中国に渡り、阿修羅となった。

【語源】
弥勒菩薩(マイトレーヤ)→ミトラ
仏教では魔王「阿修羅(アスラ)」
空海の真言密教の根本仏にして太陽神「大日如来」のルーツ
マニ教のミスラ(日曜日:朱色の起源)
光明神としての性格が強調され、太陽と同一視された結果、
ソグド語で日曜日の事もミールと呼ぶようになる。
この曜日名としての「ミール」は宿曜道とともに平安時代の日本にも伝えられ、
当時の具註暦では、日曜日に「密」「みつ」「みち」(いずれもミールの漢字での音写)
などと朱書きされていた。 曜日の話
アフラ・マズダ Ahura Mazda アスラ(阿修羅)
それはゾロアスター教でミトラ教
ミトラ教が根本である その1 
ミトラ教が根本である その2  太陽崇拝と神悪逆転論 悪魔崇拝

iran3.png
ペルシヤ帝国
アレキサンダー大王(前356~前323)
aleksandros.jpg
「イラン・イスラム共和国」、通称イラン
西洋では古代よりファールス州の古名「パールス」にちなみ「ペルシア」として、
中国では「波斯」として知られた。1935年3月21日、レザー・シャーは諸外国に
公式文書に本来の「イラン」という語を用いるよう要請し、正式に「イラン」に
改められたものの混乱が見られ、1959年、研究者らの主張により
モハンマド・レザー・シャーがイランとペルシアは代替可能な名称と定めた。
その後1979年のイラン・イスラーム革命によってイスラーム共和制が樹立されると、
国制の名としてイスラーム共和国の名を用いる一方、国名はイランと定められた。
関連記事
タグリスト

検索フォーム
プラグインの設定
プロフィール

soi19

Author:soi19
ยินดีต้อนรับที่นี่!!
วันเกิด:วันศุกร์ (金) สีฟ้า

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
user tag : I ❤ fail.in.th

fail.in.th 動画 fishism jhon ให้ กวนมึนโฮ 神話 mcbealism 発音 ถนน 

プロフィール

soi19

Author:soi19
ยินดีต้อนรับที่นี่!!
วันเกิด:วันศุกร์ (金) สีฟ้า

RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR