教え方 -挨拶と(ひとかたまりの)フレーズから-

読む書く、聞く、話す とあるが、ここでは話せることを
一番の目標にする場合

【まず知っておくべきこと】
・たくさん聞き取れるための語数は不要。
・むしろ、最小限の語数で最大限の表現方法を習得することが合理的。
・伝えることが最優先事項である。
・難しい表現は捨てる。
・難しい単語は捨てる。
・長い文章は捨てる。
・逆に、短い表現は必須。特にあいさつ、決まり文句のフレーズ。

【その先、特に音変化】
・聞き取りで必要な音変化を把握し、文字通りの音との違いを把握して発音する

【出だし】
・挨拶、決まり文句から始める。使う場面をイメージに重ねる。
・日本語に訳し直さない。
・フレーズにある部分的な単語から、語数を広げる。なるべくフレーズからフレーズへ。
・ことわざとかも、取り入れてみたい。

【言葉数を増やすための注目点】
・意味が同じ内容のフレーズを集める。 ※チョークディ、ラーオーク、ワイジューガン
・複数の異なる意味を持つ単語に注目する。※ ダム ①黒色②水にもぐる
・使用頻度が高い表現を重視する。逆にレアな表現は捨てる。
※上にある別れの挨拶で、ラーオークの実際の使用頻度は少ない(がテキストにはヨクみる)
・日本語での言い直し。悟る→≒分かる。
※日本語は基本的に語数が多い。
※逆に外国語の1単語が日本語の複数語に該当する場合が多い。
・言いかえると、訳すのが難しい単語がある。それは双方間で同じことがいえる。
※例えば、公共的な意味での「もったいない」に相当する単語は厳密にいうとない。
※ナースィアダーイは、個人的な損失を指す場合で使うための単語である。

人を動かす三原則
・批判も非難もしない。苦情も言わない。
・率直で、誠実な評価を与える。
・強い欲求を起こさせる。(Lift up his Motivation.)

人を変える九原則
・まずほめる。
・遠まわしに注意を与える。
・まず自分の誤りを話した後、相手に注意を与える。
・命令をせず、意見を求める。
・顔を立てる。
・わずかなことでも、すべて、惜しみなく、心からほめる。
・期待をかける。
・激励して、能力に自信を持たせる。
・喜んで協力させる。
関連記事
タグリスト

検索フォーム
プラグインの設定
プロフィール

555

Author:555
ยินดีต้อนรับที่นี่!!
วันเกิด:วันศุกร์ (金) สีฟ้า

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
user tag : I ❤ fail.in.th

fail.in.th 動画 fishism jhon ให้ กวนมึนโฮ 神話 mcbealism 発音 ถนน 

プロフィール

555

Author:555
ยินดีต้อนรับที่นี่!!
วันเกิด:วันศุกร์ (金) สีฟ้า

RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR