絶望の非正規 中年フリーター

記事コメントより

・「中年フリーター」はやがて「高年フリーター」になる。
一体、どうするつもりなの?この国?って感じだね。

・多くの人が進めようとしているのとは逆の発想で、
正社員というものを無くしてしまった方が平等になって良いんじゃないかと思います。
正社員制度は企業が優秀な人材を繋ぎ止める道具だったはず。
いつの間にかそれが当たり前になって、
皆がぬるま湯に浸かって安穏としてしまったのがいけなかったのだと思いはじめています。

・自己責任と言える人は羨ましい。
なかなか、俺はこんなに優秀だと言い切れない物です。

・成功している人は絶対に同情的に意見は言わないだろうね。
今は格差社会なんて言葉で誤魔化しているけど、
一部の貴族階級の富の為に多数の低階級層が貧困に苦しむのが
太古より続く人間社会の普遍の構造

・自己責任論者の方たちは現状ご自身が持っている
インフラ(職、親、家、生まれた地域などを含む)は
自分が与えられて当然というご理解なのでしょうか?

・人件費のバランスをもう少し若年層に重心移さないと行けないんでしょうけど、
政府がやらないと無理でしょうね。なにせ、労働組合が今の給料体系維持する側だし。
ご年配の方からしても、単に描いてる人生プランを何事も無く終えたいだけでしょう。
そのしわ寄せが何処にいってるか一目瞭然ですが。

・正直、国策の誤りだと思う。
氷河期世代は団塊ジュニア世代にあたり、人数が多い最後の世代だった。
この世代がちゃんと就職できていれば、
やがて一番の問題は少子高齢化で、ほぼすべての問題がここに行き着く。
しかし、この世代が就職できなかったことで、
子供を産むどころか自らが働ける年齢から生活保護世帯と化し、
少子化対策どころか、巨大な国のお荷物になった。
この先高齢化すれば、真剣に国庫を食いつぶすだろう。
子供も子供も当然生まれなかったので、非常に少ない現役世代で、
この巨大な荷物を支えなければならなくなる。
正直、まず無理。考えたくない。
不景気でも、この世代だけはなんとかちゃんと就職させなければならなかった。
それができていれば、今後の日本の展望は大分明るかった。
最後のチャンスだった。
そのチャンスを税金を食いつぶす大荷物に変えてしまったという意味で、
これは企業や当人より、国のミスだったと思う。

あと、自己責任論はあまりいただけない。
というのは、氷河期世代から20年たつけど、
その20年間非正規問題で話題に上がるのはいつも氷河期。
ってことは、他の世代はマシなんじゃないの?
なら世代格差であって個人の問題ではない。

・そもそも正社員や非正規社員という考え方自体、
日本と韓国くらいにしかない考え方なのだから、そこをまず改めればいいと思う。
同一価値労働同一賃金をきちんと実現すれば、
この問題の根本から解決できるように思う。



絶望の非正規 週間東洋経済
http://toyokeizai.net/articles/-/87614
関連記事
タグリスト

検索フォーム
プラグインの設定
プロフィール

soi19

Author:soi19
ยินดีต้อนรับที่นี่!!
วันเกิด:วันศุกร์ (金) สีฟ้า

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
user tag : I ❤ fail.in.th

fail.in.th 動画 fishism jhon ให้ กวนมึนโฮ 神話 mcbealism 発音 ถนน 

プロフィール

soi19

Author:soi19
ยินดีต้อนรับที่นี่!!
วันเกิด:วันศุกร์ (金) สีฟ้า

RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR